main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
共通鍵暗号方式(Common Key Cryptography)
共通鍵暗号方式(Common Key Cryptography)とは、暗号化する側と復号する側が同じ鍵を使う暗号方式です。
同じ鍵を使用することから、共通鍵とも呼ばれます。通信において共通鍵暗号方式を使用する場合には、事前に共通鍵を送信側から受信側に渡しておく必要があります。利用者には、鍵を第三者に利用されないように管理する必要があります。

暗号化で使用する鍵と復号する鍵が異なる公開鍵暗号方式よりも、共通鍵暗号方式の方が一般に処理が早い特徴があります。これまでDES暗号が広く使用されてきましたが、暗号処理に時間がかかること、脆弱性や解読方法が見つかったことによって、次世代の共通鍵暗号方式のアルゴリズムが募集され、Reindael(ラインダール)暗号が選ばれ、現在普及しつつあります。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲