main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
偽装(Camouflage)
偽装(Camouflage)とは、メールアドレスやIPアドレス、画面等を本物のように見せかけて利用者をだますことです。
具体的には以下のような偽装が挙げられます。

1.発信者メールアドレスや電話番号、IPアドレス等の偽装
2.画面(クレジット番号の入力画面等)の偽装と当該画面への誘導
3.URLの偽装(Web画面のステータスバーやアドレスバーのURL表示)やリンク先偽装
4.セキュリティパッチを偽装したウィルス
5.偽装メール
6.トロイの木馬など、ファイル名を偽装した不正プログラム
7.その他

上記のみならず、新手の偽装も次々と登場します。各種偽装工作により、利用者をだまし、個人情報(ID、パスワード、氏名、住所、電話番号、クレジット番号等)の取得や架空請求、ウィルスの感染等、さまざまな悪事が行われます。

このような攻撃に対処するためには、最新のセキュリティ侵害情報に気を配り、特に個人情報の入力や添付ファイルを開く、プログラムを実行する際には十分な注意が必要です。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲