main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
バッファ(Buffer)
バッファ(Buffer)とは、一時的にデータを蓄えておく記憶装置や記憶領域のことです。
バッファは、緩衝物や緩衝装置と訳されますが、コンピュータの業界では、主にデータを一時的に蓄えておく記憶装置や記憶領域のことを指します。コンピュータ内では、処理速度の異なる機器が連携して動作しています。しかし、処理速度が異なるためにデータのやり取りがスムーズに行われない場合があります。そこで、処理速度の異なる機器の間にバッファを用意することで、全体の動作を円滑にすることができます。

例えば、ハードディスクにデータを保存する場合、ハードディスクの動作に対してコンピュータの動作は非常に速いため、いったん書き出すデータをバッファに蓄えておき、ハードディスクの動作に合わせてバッファからデータを読み出して順次保存していきます。バッファのデータが無くなったら、次のデータをまとめてバッファに送るという動作を繰り返します。これにより、バッファ内のデータをハードディスクに書き込んでいる間は、コンピュータに別の動作をさせることができるようになります。

バッファは、コンピュータとハードディスクやプリンタ、インターネットの回線など、さまざまな部分で利用されています。

OSやプログラムは通常確保されているバッファを上回るデータが来た場合になんらかの適切な処理を行うことになっています。しかし、その処理が行われていない、あるいは行われていても不十分だった場合に、セキュリティホールとなり悪用される可能性があります。バッファオーバーフロー攻撃と呼ばれるものがこれにあたり、多用される代表的な攻撃手法として知られています。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲