main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
ビッグデータ(Big Data)
ビッグデータ(Big Data)とは、事業に役立つ知見を導出するための巨大なデータのことです。
どの程度のデータ規模を指すのか、どのようなデータから構成され、どのように活用されるのかといった共通定義についてはまだありません。

ビッグデータの特徴としては、そのデータを構成する多量性、多種性、リアルタイム性が挙げられ、各種データの例としては、ソーシャルメディアデータ、マルチメディアデータ、ウェブサイトデータ、カスタマーデータ、オフィスデータ、ログデータ、オペレーションデータ、センサーデータ等があります。

情報通信技術の進展により、上記データの生成・収集・蓄積が容易になり、これら多種多量のデータを活用して災害などの異変の察知や、近未来の予測を行い、利用者のニーズに応じたサービスの提供や業務の効率化、新産業の創出が可能になります。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲