main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
BCP(Business Continuity Plan)
BCP(Business Continuity Plan)とは、企業が自然災害やテロなどの緊急事態においても中核となる事業の継続または早期復旧を可能とするために事前に準備しておきべき事項や緊急時の対応方法などを定めた計画のことです。
BCPの策定に当たっては、まずビジネスインパクト分析を行い、自社の業務におけるリスクを洗い出します。その上で中核となる重要業務を特定し、それらの復旧優先順位を定めます。また目標復旧時間を設定し、具体的な復旧の手順についても定めておきます。一方、緊急時の事業継続レベルや顧客に提供できるサービスレベルについてあらかじめ顧客と協議しておきます。

BCPは主に自然災害などを対象としたものと考えられていましたが、現在では情報システムにおける事故(コンピュータセキュリティインシデント)も対象に含まれています。また2005年以降、いくつかの省庁がBCPに関するガイドラインを公開しています。

2005年3月: 経済産業省「事業継続計画策定ガイドライン」
2005年8月: 内閣府中央防災会議「事業継続ガイドライン第一版」
2006年2月: 中小企業庁「中小企業BCP策定運用指針」
など
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲