main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
Back Orifice
Back Orificeとは、他人のWindowsマシンを遠隔地から操作できるバックドアツールのことです。
Back Orificeは、CDC(Cult of the Dead Cow)というハッキンググループが開発・配布していた、「トロイの木馬」の一種です。上位バージョンはBack Orifice 2000(MS Windows 95/98/NT管理者用ツール)です。

Back Orificeは、クライアント側とサーバ側の2つのアプリケーションで構成されます。クライアント側のアプリケーションにより、サーバ側のアプリケーションが動作している他のコンピュータの監視や制御(アプリケーションの起動や、キー操作の記録、コンピュータの再起動、ファイルの送受信等)が行なわれます。

Back Orificeの他に、有名なバックドアソフトとして、SubSevenやNetBusなどがあります。これらは「リモート管理ツール」という主張もありますが、悪質なユーザにより不当な目的に使われる可能性もありますので、注意が必要です。

対策としては、アンチウィルスソフトによる検出や、不明なアプリケーションをインストールしないことなどが挙げられます。

なお、Back Orificeの他に、有名なバックドアソフトとして、SubSevenやNetBusなどがあります。これらは「リモート管理ツール」という主張もありますが、悪質なユーザにより不当な目的に使われる可能性もありますので、注意が必要です。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲