main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
ウイルス対策ソフトウェア(Anti Virus Software)
ウイルス対策ソフトウェア(Anti Virus Software)とは、ウイルスの完全を予防し、感染したウイルスを駆除することを目的に作られたソフトウエアです。
ネットワークの経路に設置するタイプ、パソコンに設置するタイプがあります。前者は、ウイルス侵入をイントラネットに侵入することを防ぐことを目的としており、電子メール、ウェブ閲覧による感染、ワーム侵入を防ぐ効果があります。プロバイダが利用者にウイルスを駆除するサービスも、このタイプです。後者は、外部から持ち込まれる納品物、記録媒体に付着したウイルスを発見、駆除することを目的に使用されます。

ウイルス対策ソフトウェアは、新たに登場するウイルスに対処するため、定期的にウイルスのパターン情報を更新する必要があります。パターンの更新が遅れた場合、新種のウイルスにシステムが感染し、被害を受けるケースもあり、業務開始前にパターン情報を更新する企業もでてきています。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲