main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
不正アクセス禁止法(Anti-Unauthorized Access Law)
不正アクセス禁止法(Anti-Unauthorized Access Law)とは、コンピュータの不正使用を禁止する法律です。
2004年2月に「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」として施行されました。他人のIDとパスワードを不正に使用してログインする行為(不正アクセス)、第三者に不正ログインすることを漏らす行為、システムの脆弱性を攻撃してアクセス権を奪取する行為を禁じています。違反した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。

不正アクセス禁止法が適用されるコンピュータには、利用者に対するアクセス制御(IDとパスワード)がシステム運用管理面で、実施されている必要があります。誰でもアクセスが許されているマシンのサービスで情報が閲覧できる状態であった場合、その情報を入手しても不正アクセス禁止法で処罰されません。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲