main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
アクセストークン(Access Token)
アクセストークン(Access Token)とは、Windows2003(WindowsNT系)ネットワークで使用されるユーザーのセキュリティ識別情報です。
Windows2003ネットワークは、ネットワークを使用する際に各自のユーザー情報(ユーザーアカウント)、つまり、ユーザー名とパスワードを入力する作業が必要です。
ユーザー情報が、使用するコンピュータ(ローカルコンピュータ)、またはユーザー情報を集中的に管理しているコンピュータ(ドメインコントローラ)のデータベースに転送され、データベースの該当するユーザー情報と検証されます。入力したユーザー情報の内容がデーターベースに登録されている情報と一致すると、ネットワークに参加(システムにログオン)することができます。

ログオンの際に、ユーザーのアクセストークンが生成されて、各さまざまなセキュリティ情報が格納されます。ネットワーク上のサービスを提供しているコンピュータには、アクセストークンのコピーが伝播されて、ユーザーはアクセストークン内に格納されている資源へのアクセス情報に則った作業ができるようになります。

例えば、ネットワーク上にあるServerAのフォルダFには、Usersフルコントロールのアクセス許可が設定されていたとします。別のパソコンからシステムにログオンしたBさんはUsersグループのメンバーです。この場合、Bさんがログオンした際に、BさんはUsersグループのメンバーであるというアクセストークンがネットワーク上に情報として流れるので、BさんはフォルダFをフルコントロールで使用することができます。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲