SECOMセコムトラストシステムズ株式会社 セコムトラストネットとセコム情報システムはセコムトラストシステムズとして生まれ変わりました。
HOMEサイトマップ

e-文書法とは?

HOMEコラム一覧e-文書法早わかりサイト>電子署名、タイムスタンプにおける技術要件とは?

武井 明氏 著者紹介


【第4回掲載コラム】電子署名、タイムスタンプにおける技術要件とは?

タイムスタンプ(時刻認証)
電子情報が存在したことを証明するタイムスタンプが押されます。e-文書法で認められるタイムスタンプには、電子署名で使われるPKI方式(RFC 3161)のものがあり、この規格に準拠した方式が商用で本格的にサービス展開されるのは日本が初めてだと言われています。ただし、タイムスタンプは厳密に改竄防止が必要な場合に利用されるので、e-文書法全体では、必ずしもタイムスタンプが必要とはされません。
e-文書法全体で重要な国税関係書類については、タイムスタンプが要求されています。タイムスタンプは、財団法人日本データ通信協会が認定するものでなければなりません。電子署名とは異なり、タイムスタンプを発行する機関に押してもらう必要があるため、その都度費用が発生します。ちょうど公証人のところへ行って公正証書を作るようなものです。

タイムスタンプには、技術的にはいくつかありますが、大きく分けると、次の2種類になります。

電子署名方式のタイムスタンプ リンクトークン方式のタイムスタンプ

技術的に重要なこととして

戻る>>



セコムあんしんエコ文書サービス




e-文書法でビジネスがどう変わる?
e-文書法とは?
e-文書法がもたらす業務改革
文書の改竄防止対策
e-文書法、その技術要件
電子署名、タイムスタンプにおける技術要件とは?
デジタル化された文書の保存手順と国税関係書類について








関連用語集
(c)2005 SECOM Trust.net Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報保護方針HOMEサイトマップ