SECOMセコムトラストシステムズ株式会社 セコムトラストネットとセコム情報システムはセコムトラストシステムズとして生まれ変わりました。
HOMEサイトマップ

e-文書法とは?

HOMEコラム一覧e-文書法早わかりサイト>e-文書法とは?

ファイリング技術研究所 中西勝彦氏 著者紹介


電子化のメリット・デメリット

(1)電子化のメリット (2)電子化のデメリット


ランニングコスト

  電子ファイリング(月) 文書ファイリング(月)
リース代 30,000円(1,500,000円×2%) ナシ
スペース 12,000円(PC+スキャナー) 事務室で24,000円
社内倉庫で21,600円
社外倉庫で28,800円
検索コスト 110,000円(50回×2分×22日) 175,000円(50回×5分×22日)
ランニング
コスト計
152,000円 249,400円
文書・帳簿等の管理・保管コストの削減
・定量的効果の計算結果
計算方法:初期費用をランニングコストの差で割ればでます。
925,000円÷(249,400円−152,000円)=約9.5
10ヶ月で効果が出ます。
保管コストの計算方法の詳細はこちら

第2回:e-文書法がもたらす業務改革へ


セコムあんしんエコ文書サービス


戻る



e-文書法でビジネスがどう変わる?
e-文書法とは?
e-文書法がもたらす業務改革
文書の改竄防止対策
e-文書法、その技術要件
電子署名、タイムスタンプにおける技術要件とは?
デジタル化された文書の保存手順








関連用語集
(c)2005 SECOM Trust.net Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報保護方針HOMEサイトマップ