採用サイト

「ANSHIN」を支える者
「ANSHIN」を支える者

脅威に囲まれた
「不安の時代」に
挑戦する。

大規模な災害や人為的なテロなどの物理的な危機。
サイバー犯罪など、生活の基盤を脅かす新たな悪意。
社会が目まぐるしく変化し、複雑化する現代。
セコムトラストシステムズは、個人の、企業の、
そして社会全体の「安全・安心」を支えます。

安全と安心を提供する
社会インフラを、
テクノロジーで支える。

様々なニーズに応え、
「安全・安心」の社会インフラを提供し
不安のない社会を実現していく。
私たちセコムトラストシステムズはセコムと共に、
その未来の社会を、
信頼のシステムで築いていきます。

セコムトラストシステムズが支えるセキュリティシステム セコムが構築する「あんしんプラットフォーム」

セコムトラストシステムズとは?

「誰もが安心して暮らすことができる、快適で便利な社会を創る。」それがセコムグループの使命です。その中でセコムトラストシステムズは、お客様の「安全」「安心」を24時間365日守り続けるセコムの「オンライン・セキュリティシステム」をICTという分野で支えてきました。「セコムの行う社会サービスシステムは高度な技術に立脚した革新的最良なものでなければならない。」というセコムグループの事業憲法のもと、妥協の許されない環境で培った、高い技術力とオペレーション力を生かし、情報セキュリティサービスと大規模災害対策サービスを核に据えたトータルな情報・ネットワークサービス事業を展開しています。

セコムグループとは?

セコムは1962年の創業以来、「あらゆる不安のない社会の実現」のために、「社会にとってよりよいサービスを創り上げたい」という強い想いを持って、社会に確かな安心を提供してきました。警備会社に端を発するその事業は現在、「安全・安心・快適・便利」な社会を支えるサービスシステムを創る「社会システム産業」の構築を目指し、セキュリティに加え、情報通信、防災、メディカル、保険、地理情報サービス、不動産の7つの事業を展開しています。そして今、セコムグループは、2030年を1つのターゲットとして、「セコムグループ2030年ビジョン」を策定しています。

セコムの「あんしんプラットフォーム」構想とは?

セコムグループが培ってきた社会とのつながりをベースに、セコムと想いを共にするパートナーが参加し、セコムとともに暮らしや社会に安心を提供する社会インフラが「あんしんプラットフォーム」です。セコムは「あんしんプラットフォーム」を通して、一人ひとりの不安やお困りごとに対して、きめ細やかな切れ目のない安心を提供することで、お客様の多様化する安心ニーズに応えていきます。そして「あんしんプラットフォーム」は、社会・お客様とつながり続けることにより成長し、つながり自体も強固になっていきます。

技術力が支える信頼

セキュリティの
プロフェッショナルとして。

高まる社会のニーズに応え、
妥協の許されない環境で培った高い技術力と
ノウハウ、オペレーション力。
セコムトラストシステムズは、
「セキュリティのプロフェッショナル」として
さまざまなサービスを展開しています。

新入社員研修

OJTを中心に、セコムグループの情報システム基盤の基礎から学んでいきます。様々な職種があり、それぞれ違ったスキルが必要となりますので、個人毎のOJTという形を採っており、それぞれの習得度合いや状況にあわせてプログラムしています。

高度な専門性を幅広い分野で発揮

公的機関との連携

政府機関、国際機関などの様々な機関と連携し、公的な業務をシステムセキュリティのプロフェッショナルとしてサポート、その活動に貢献しています。

サイバー消防団

ウイルス感染・不正アクセス・情報漏えいなど、緊急の情報セキュリティ事案に対応する組織。普段は、システムエンジニアやITサービスマネージャー、セキュリティエンジニアとして従事しており、定期的に勉強会などを実施し、有事の際に備える活動をあわせて行っています。これらの活動に伴い、リアルな脅威に対する問題解決手法の共有など、個人のさらなるスキルアップに取り組んでいます。

日本サイバー犯罪対策センター (JC3)

産官学が連携し、サイバー犯罪の実態を解明し、背後に存在する犯罪者らの追跡・特定を図るとともに、その脅威を軽減・無効化することを目的として設立された組織。当社は、公的機関や他のセキュリティ会社と協力し、JC3内でサイバーセキュリティに関する脅威の分析などを行っています。

最上位の認証局

多様なICTサービスの利便性と安全性を高める本人認証プラットフォームサービスを開発しています。ウェブサービス事業者は、このプラットフォームサービスを利用することでユーザー認証の安全性や利便性を高めることができます。また本人確認関連業務の代行なども視野に入れ、本人認証プラットフォームサービスを通じて、事業者がユーザーに負担の少ない認証手段を提供することを目指しています。

サイバーセキュリティ室

脆弱性・ウイルス・不正アクセス・IT機器調査、セキュリティ事案の緊急対応を行う組織です。セキュリティの専門家として、社内外での講演など啓発活動も行っています。また最新の攻撃手法の解析をはじめとしたセキュリティ情報の収集・検討を行うことで知見を深め、セキュリティを通じて社会へ貢献しています。

セキュリティオペレーションセンター

通称SOC(ソック)。24時間365日休むことなくネットワークやデバイスの監視をし、サイバー攻撃の検出と分析、対応策のアドバイスを行う組織です。ITサービスマネージャー経験者が多く在籍し、対応に当たっています。

ニーズを捉えたサービスを開発

お客様のマイナンバー対応をトータルに支援する「セコムあんしんマイナンバーサービス」やストレスチェック義務化対応を支援する「セコムあんしんストレスチェックサービス」など、世の中のニーズを捉えたサービスの企画開発を行います。

セコムのサービスをシステムから
支える

業界最多200万件を超える「オンライン・セキュリティシステム」を支えるシステムや基盤を構築し、セコムグループをICTという分野から支えています。

データセンター

セコムは国内最大クラスのデータセンターを自社で保有し、最高水準の厳格なセキュリティ対策を施しています。BCP拠点として機能する堅牢性と安全性t日の運用体制でお客様の大切な情報資産を守っています。私たちはこのデータセンターを核として様々なサービスを提供し、お客様の多様なニーズに応えていきます。

抜本的な対策を目指すサービスを開発

セコムのデータセンターを通じてインターネットに接続することで、お客様の環境を外部から分離して守る「セコム・プレミアムネット・リモートブラウザ」など、抜本的な対策を目指した新しい情報セキュリティサービスの企画開発を行います。

セコム安否確認サービス

災害発生時に社員・家族の安否や事業所の被災確認など、初動を専門スタッフがサポートし、事業継続・早期再開を促進する国内最大級の危機管理サービスです。セコムトラストシステムズはこのサービスの基盤の構築からアプリケーション開発まですべてを行い、安否確認メール配信を単純な自動配信ではなく、人の判断で行っています。

揺るぎない信頼を様々な側面から築き上げる

システム開発業務

アプリケーション

世の中に求められるサービスをシステムで提供

セコムグループが使用するシステムやソリューションサービス、そしてお客様のシステムの要件定義、設計などの上流工程から開発・保守・運用までを行います。

システム基盤構築業務

インフラ

優れたシステム基盤で効率的な運用を実現

セコムグループ内外問わずシステム基盤構築・運用を担当します。最先端の技術を活かして、自身で描いたシステム構築を実現させることもできる業務です。

ネットワーク

日々の業務でネットワーク社会を支える

セキュリティネットワーク/イントラネットワークなどの設計・構築、また恒常的な維持運用業務を行います。

ITサービス
マネジメント業務

システム監視・ヘルプデスク

24時間365日のセキュリティ体制を築く

ITサービスが持続的かつ安定的に提供されるよう、日々発生する障害を精査しながらシステムの監視やマネジメント、調査分析を行う、非常に需要の高い業務です。

セキュリティ業務

情報セキュリティ

事故発生時の緊急対応を行う

ウイルス感染や情報漏えい、改ざんなどによってお客様の情報セキュリティに問題が発生した際に、ログ解析(流出した形跡を探す)、データサルべージ(復旧)、データフォレンジック(不正調査)など一連の緊急対応を行います。

電子認証システム

強固さと利便性の両立を踏まえ情報を守る

ホームページのSSL暗号化通信と実在証明や確実な個人認証などインターネット上における「電子証明書発行サービス」の導入提案、または新サービス開発における設計・開発を行います。

脆弱性診断

システムの弱点を洗い出す「ホワイトハッカー」

お客様の情報システムに存在する脆弱性を洗い出すため、擬似的な攻撃を行ってセキュリティ上の問題点を調査。その結果のリスクを分析して緊急度を評価し、対策方法の提案までを行っていきます。

PAGE TOP