SECOMセコムトラストシステムズ株式会社
News Release-ニュース

ニュース一覧



2016年9月1日
セコムトラストシステムズ株式会社

事業協創プロジェクト「アクションS」への参画について

セコムトラストシステムズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:林 慶司)は、このたびセコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)と株式会社常陽銀行(本店:茨城県水戸市、頭取:寺門一義)による事業協創プロジェクト「アクションS」に参画いたします。

このプロジェクトは、セコムのサービスや技術と、地元企業が有するビジネスアイディアや技術等を組み合わせることにより、新しいサービスや商品を創出し、新市場、新事業創出を目指す取り組みです。今回は、セコムが社会の課題として設定している「セキュリティ」「超高齢社会」「災害・BCP・環境」の3つの分野に関して、事業アイディアを持つ企業を株式会社常陽銀行を通じて募集するものです。

セコムトラストシステムズ株式会社は情報セキュリティサービスや「セコム安否確認サービス」などの大規模災害対策サービスで蓄積した豊富な実績を軸に、「災害・BCP・環境」の分野で地域企業の競争力強化、新たな企業価値の創出に向けたさまざまな支援を実施してまいります。


セコム株式会社 報道資料  事業協創プロジェクト「アクションS」の開始について

名  称 事業協創プロジェクト「アクションS」
日  時 事業及びニーズ説明会 2016年10月27日(木)13:30〜16:00
個別マッチング会    2017年1月24日(火)
場  所 常陽つくばビル (つくば市吾妻1-14-2)
概  要 【事業及びニーズ説明会】 
・安全・安心に関する技術や事業アイディア、特に「セキュリティ」「超高齢社会」「防災・BCP・環境」の3つの分野において、セコムの事業や技術ニーズ等についてご説明いたします。
・地域の企業から新しい技術や事業アイディアを株式会社常陽銀行を通じて募集し、セコムが一次選考を行います。
【個別面談】
・一次選考を通過した企業は、セコムとの個別面談を実施いたします。
・面談後、事業協創が可能な案件について、共同研究・開発に取り組みます。
・株式会社常陽銀行グループは、資金面の支援や産学官金連携等により共同研究・開発を支援し、セコムとともに事業化に取り組みます。
主  催 株式会社常陽銀行、セコム株式会社
共  催 茨城県、いばらき成長産業振興協議会
後  援 国立研究開発法人 物質・材料研究機構
お申込方法 株式会社常陽銀行本支店にて受付
参 加 費 無料


【お問い合わせ先】
セコムトラストシステムズ株式会社
プロフェッショナルサポート二部 マーケティング推進担当
E-Mail. sts-info5@secom.co.jp  TEL.03-5775-8641


Page Top



 
プライバシーポリシHOMEサイトマップ