SECOMセコムトラストシステムズ株式会社
News Release-ニュース

ニュース一覧


2014年6月30日
セコムトラストシステムズ株式会社

セコムのデータセンタークラウドサービス
経済産業省補助事業へのサービス登録を完了
〜お客様社内サーバをセコムのクラウドサービスへ移行する際の費用に補助金交付 〜


  セコムトラストシステムズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:泉田 達也、以下 セコム)は、経済産業省の補助事業「中小企業等省エネルギー型クラウド利用実証支援事業費補助金(データセンターを利用したクラウド化支援事業)」において、セコムのクラウドサービスの登録を完了しました。補助金申請の公募は6月11日より開始されました。

  近年の我が国では、電力事情への対策が大きな課題となっています。また、東日本大震災以降はBCP(事業継続計画)の観点から情報システムそのものや、バックアップをデータセンターに移行するニーズが高まってきています。
  こうした背景から経済産業省は、本事業をよりエネルギー効率の高いデータセンターを利用したクラウドサービスの普及を促進することで、電力需給と省エネルギー対策を図ると同時に、BCP向上により我が国のデータセンターの国際競争力強化を図ることを目的に公募を開始しました。

  セコムはこれまで、インターネット社会の「安全・安心」を支えるため、物理的セキュリティと情報セキュリティの両面で最高クラスのセキュリティを誇る「セキュアデータセンター」サービスを提供してきました。また、昨年には東京と大阪の2拠点に相次いで新しいデータセンターを開設し、各拠点に基盤を有するクラウドサービスを活用することで、BCP・災害対策サービスを更に強化する体制を整えてまいりました。

  本補助金事業を機に、セコムのデータセンターを活用したクラウドサービスの利用を推進し、省エネルギー対策を促進するだけでなく、セキュリティ対策やBCPの向上対策を強化し、お客様に安全・安心な環境を実感頂けるものと確信しています。


■事業の概要

  お客様の社内(もしくはハウジング環境)で運用するサーバを、本事業に登録したセコムのクラウドサービスに移行する場合、事前に本事業の執行団体(環境共創イニシアチブ)に交付申請すると、移行にかかる費用の1/3または1/5が補助金として交付されます。

■事業概念図

図:事業概念図



■対象サービス

以下4種類のクラウドサービスが補助金交付の対象です。
サーバホスティング仮想化 LX
サーバホスティング仮想化HW
レンタルサーバ仮想化 LX(ハウジングサービスのオプション)
レンタルサーバ仮想化HW(ハウジングサービスのオプション)


■移行検討から補助金受領までの流れ

図:以降検討から補助金受領までの流れ

(※)補助事業完了は、補助対象経費支払いまで完了して頂く必要があります。

(関連リンク)
本事業は執行団体として一般社団法人環境共創イニシアチブが担っています。

https://sii.or.jp/cloud26/

【お問い合わせ先】
セコムトラストシステムズ株式会社
マーケティング推進担当
E-Mail. sts-info5@secom.co.jp  TEL.03-5775-8641



Page Top

お問い合わせ


 
プライバシーポリシHOMEサイトマップ