SECOMセコムトラストシステムズ株式会社 セコムトラストネットとセコム情報システムはセコムトラストシステムズとして生まれ変わりました。
HOMEサイトマップ

個人情報保護法対策サイト

HOMEコラム一覧セコムトラストシステムズの考える情報セキュリティ個人情報保護法 Q&A>漏洩が発生してしまった時、どのように対応すればいいですか?

個人情報保護法 Q&A

Q 漏洩が発生してしまった時、どのように対応すればいいですか?
A

まずは、漏洩した個人情報を隔離します。次に、「どのくらいの期間、どのくらいの人がアクセスをしたか」をログから割り出すことです。
その後は、様々な面からの対応が必要になります。

情報の主体である本人への通知及び謝罪

監督省官庁及び個人情報保護団体への報告・指示の受領

個人情報漏洩保険などと契約している場合は、それら保険会社や弁護士などへの連絡

不正なアクセスなどによる漏洩の場合は、警察機関への協力要請

一度流出した情報は、簡単に複製され、公開されてしまいます。実際に事故が発生した時に、一々決めていたのでは、対応に遅れが生じ、被害が拡大する恐れなどがあります。事前に計画し、訓練などを行っておく必要があります。



関連リンク
首相官邸
 

個人情報の保護に関する法律 - 個人情報保護法の概要、条文、整備までの経緯等。

総務省
 

行政機関等個人情報保護法 - 行政機関、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律、行政機関等個人情報保護法施行令。



個人情報保護法対策サイト
個人情報保護法対策とは
個人情報保護法対策 Q&A
情報セキュリティ診断サイト
第一回
セキュリティ診断はリスク発見器
第二回
診断結果、改善プランは千差万別
情報漏洩対策サイト
第一回
原因の約80%は内側にアリ
第二回
対策の基礎となる物理セキュリティ
第三回
データアクセス制御で限定する
第四回
ネットワークという生命線を守るには


関連用語集
プライバシーポリシHOMEサイトマップ