SECOMセコムトラストシステムズ株式会社 セコムトラストネットとセコム情報システムはセコムトラストシステムズとして生まれ変わりました。
HOMEサイトマップ

個人情報保護法対策サイト

HOMEコラム一覧セコムトラストシステムズの考える情報セキュリティ個人情報保護法 Q&A>お客様から収集した情報についての開示要求があった場合、どこまで対応しなければならないのですか?

個人情報保護法 Q&A

Q お客様から収集した情報についての開示要求があった場合、どこまで対応しなければならないのですか?
A

個人情報を収集する場合は、情報の主体である本人からの問い合わせに関しては、何らかの対応が必要となります。特に開示請求、訂正依頼、利用停止の依頼を受けた場合は、合理的な期間内に返答をする必要があります。

ただし、理由があって対応できない場合はその理由を情報主体へ説明することで、対応を拒否することが可能です。
また、対応にコストがかかる場合は、合理的な範囲内で手数料を取ることが許可されています。



関連リンク
首相官邸
 

個人情報の保護に関する法律 - 個人情報保護法の概要、条文、整備までの経緯等。

総務省
 

行政機関等個人情報保護法 - 行政機関、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律、行政機関等個人情報保護法施行令。



個人情報保護法対策サイト
個人情報保護法対策とは
個人情報保護法対策 Q&A
情報セキュリティ診断サイト
第一回
セキュリティ診断はリスク発見器
第二回
診断結果、改善プランは千差万別
情報漏洩対策サイト
第一回
原因の約80%は内側にアリ
第二回
対策の基礎となる物理セキュリティ
第三回
データアクセス制御で限定する
第四回
ネットワークという生命線を守るには


関連用語集
プライバシーポリシHOMEサイトマップ