SECOMセコムトラストシステムズ株式会社 セコムトラストネットとセコム情報システムはセコムトラストシステムズとして生まれ変わりました。
HOMEサイトマップ
特別連載 セコムトラストシステムズの考えるセキュリティ
HOMEコラム一覧セコムトラストシステムズの考える情報セキュリティ関連用語集>UDP(User Datagram Protocol)

トータルな視点での診断、プランニングが第一歩! セキュリティ診断の重要性とその効果
セキュリティ診断サイト 関連用語集

UDP(User Datagram Protocol)

UDPとは、インターネットで利用される標準プロトコルで、OSI参照モデルのトランスポート層にあたります。同じくトランスポート層のプロトコルであるTCP同様に、第3層のネットワーク層のIPと、第5層のセッション層以上のプロトコルの橋渡しをする役割があります。TCPがパケットに欠如がないか否かをチェックし、欠如があった場合には再度送信を要求するプロトコルであるのに対し、UDPはこの制御を行いません。
インターネットでは、複数のネットワークを経由し、途中の環境の影響を受けやすいため、パケットの欠如がないか制御を行なうTCPを利用する場合が多いのですが、LANなど閉ざされたネットワーク内のコンピュータ間での通信や、ストリーミングなど、高速で大容量の情報を転送する必要がある場合では、速度を重視してUDPを用いることが多くなります。




関連用語
TCP(Transmission Control Protocol) ポートスキャン

関連情報
   


個人情報保護法対策サイト
個人情報保護法対策とは
個人情報保護法対策 Q&A
情報セキュリティ診断サイト
第一回
セキュリティ診断はリスク発見器
第二回
診断結果、改善プランは千差万別
情報漏洩対策サイト
第一回
原因の約80%は内側にアリ
第二回
対策の基礎となる物理セキュリティ
第三回
データアクセス制御で限定する
第四回
ネットワークという生命線を守るには


関連用語集
プライバシーポリシHOMEサイトマップ