SECOMセコムトラストシステムズ株式会社 セコムトラストネットとセコム情報システムはセコムトラストシステムズとして生まれ変わりました。
HOMEサイトマップ
特別連載 セコムトラストシステムズの考える情報セキュリティ
HOMEコラム一覧セコムトラストシステムズの考える情報セキュリティ関連用語集>アプリケーションゲートウェイ

トータルな視点での診断、プランニングが第一歩! セキュリティ診断の重要性とその効果
情報漏洩対策サイト 関連用語集

アプリケーションゲートウェイ

アプリケーションゲートウェイとは、アプリケーション層で動作し、通常アプリケーションゲートウェイはサーバに導入され「プロキシサーバ」と呼ばれています。プロキシサーバはクライアントとサーバの間で両者の通信を仲介する役目を担っていますが、「クライアントとプロキシサーバ」および「プロキシサーバとサーバ」という2つのセッションが張られて動作し、インターネットと社内LANとの間のTCP/IPは完全に切り離される形になりますので、パケットフィルタリングよりもセキュリティは高くなります。
また、アプリケーションゲートウェイではデータ内容を元にアクセス制御するので、コンピュータウイルスやセキュリティホールを狙った攻撃を防いだり、詳細なログを保存したりすることができます。ただし、パケットフィルタリングよりも負荷が大きくなるため、アプリケーション(プロトコル)ごとに専用ソフトが必要になります。現在市販されているアプリケーションゲートウェイタイプの製品の中には、パケットフィルタリングタイプよりもスループット性能が優れている製品もあります。




関連用語
パケットフィルタリング  

関連情報
マネージドファイアウォールサービス  


個人情報保護法対策サイト
個人情報保護法対策とは
個人情報保護法対策 Q&A
情報セキュリティ診断サイト
第一回
セキュリティ診断はリスク発見器
第二回
診断結果、改善プランは千差万別
情報漏洩対策サイト
第一回
原因の約80%は内側にアリ
第二回
対策の基礎となる物理セキュリティ
第三回
データアクセス制御で限定する
第四回
ネットワークという生命線を守るには


関連用語集
プライバシーポリシHOMEサイトマップ