SECOMセコムトラストシステムズ株式会社 セコムトラストネットとセコム情報システムはセコムトラストシステムズとして生まれ変わりました。
HOMEサイトマップ
特別連載 セコムトラストシステムズの考える情報セキュリティ
HOMEコラム一覧セコムトラストシステムズの考える情報セキュリティ関連用語集>プライバシーマーク(JISQ15001)

トータルな視点での診断、プランニングが第一歩! セキュリティ診断の重要性とその効果
情報漏洩対策サイト 関連用語集

プライバシーマーク(JISQ15001)

JISQ15001とは、規格の正式名称を「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項」といいます。本規格を適切に遵守することで、(財)日本情報処理開発協会が主催する「プライバシーマーク」制度の認定を受けることができます。財団法人日本規格協会により1999年3月に発行されました。組織の規模や種類に関係なく、個人情報を扱う事業所への適用が可能な構成になっています。
BS7799が情報資産の保護施策の策定〜遵守〜是正プロセスであるのに対し、JISQ15001は組織が扱う個人情報の使用目的を明確にし、個人情報を提供する主体の権利を適切に保護することを目的としている点が特徴的で、情報漏洩事件が多発している現在、プライバシーマーク認定を検討する企業が増えています。




関連用語
BS7799 ISMS
情報セキュリティ  

関連情報
コラム:『プライバシーマーク(Pマーク)取得と個人情報保護法における安全管理処置について』
セコムトータルセキュリティ診断


個人情報保護法対策サイト
個人情報保護法対策とは
個人情報保護法対策 Q&A
情報セキュリティ診断サイト
第一回
セキュリティ診断はリスク発見器
第二回
診断結果、改善プランは千差万別
情報漏洩対策サイト
第一回
原因の約80%は内側にアリ
第二回
対策の基礎となる物理セキュリティ
第三回
データアクセス制御で限定する
第四回
ネットワークという生命線を守るには


関連用語集
プライバシーポリシHOMEサイトマップ