SECOMセコムトラストシステムズ株式会社 セコムトラストネットとセコム情報システムはセコムトラストシステムズとして生まれ変わりました。
HOMEサイトマップ
特別連載 セコムトラストシステムズの考える情報セキュリティ
HOMEコラム一覧セコムトラストシステムズの考える情報セキュリティ関連用語集>不正侵入検知システム(IDS、Intrusion Detection System)

トータルな視点での診断、プランニングが第一歩! セキュリティ診断の重要性とその効果
情報漏洩対策サイト 関連用語集

不正侵入検知システム(IDS、Intrusion Detection System)

不正侵入検知システム(IDS:Intrusion Detection System)は、ネットワーク監視型とサーバ監視型と呼ばれる手法があります。ネットワーク監視型はネットワーク上に流れるパケットに不正なものが無いかどうかを監視します。サーバ監視型の不正侵入検知システムは、サーバにソフトウェア(snort等)を導入し、サーバに入ってくるパケットとソフトウェアが持っているデータを比較して、一致したものを検出します。サーバ監視型の不正侵入検知システムは、ウィルス対策ソフトなどと同様に、シグニチャと呼ばれる定義ファイルを更新する必要性があります。



関連用語
 

関連情報
セコム不正侵入検知サービス  


個人情報保護法対策サイト
個人情報保護法対策とは
個人情報保護法対策 Q&A
情報セキュリティ診断サイト
第一回
セキュリティ診断はリスク発見器
第二回
診断結果、改善プランは千差万別
情報漏洩対策サイト
第一回
原因の約80%は内側にアリ
第二回
対策の基礎となる物理セキュリティ
第三回
データアクセス制御で限定する
第四回
ネットワークという生命線を守るには


関連用語集
プライバシーポリシHOMEサイトマップ